愛知県犬山市の訪問診療は結ファミリークリニック
犬山の街
神経内科専門医による在宅治療で患者さまとご家族さまの生活を支えます 私たちはいつまでも安心して生活できる社会を目指しています。いかなる疾患を抱えても、いかなる状態になっても、在宅医療を通じて「平穏な暮らし」を続けられるよう皆さまの生活環境をサポートして参ります。

体力の低下や全身衰弱により自宅生活が大変になってきたけれど、「いつまでも住み馴れた場所で暮らしていたい」とお考えでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。
結ファミリークリニックのできること
患者さまと共に
2018年12月01日
「第1回メンズ・ケアラーズカフェを開催」
結ファミリークリニックで訪問診療に伺うご家庭の中に、奥様を介護しておられる男性介護者(メンズケアラー)が25名弱程おみえになります。

少し古い資料になりますが「平成23年3月 社団法人全国国民健康保険診療施設協議会『男性介護者に対する支援のあり方に関する』調査研究事業 報告書」によりますと

・地域社会と断絶し、孤立化傾向を持つ。
・悩みを相談できず、ストレスを抱え込む傾向を持つ。
・介護を自身で抱え込み、支援を受け入れにくい。
・本音や要望を伝える力が弱い。
・男性は割り切りが得意でなく、女性の方が割り切って介護保険サービスを活用できる傾向がある。

などの特徴と傾向が明らかにされています。

結ファミリークリニックの男性介護者の中にもご家庭の中で孤立しがちであったり、サービス利用に壁を感じ一生懸命介護に当たられるあまり介護疲れを感じ行き詰まりそうになってしまう方も時々見受けられます。一方、そのような時期を乗り越え、うまくサービスを活用され僅かな時間でもご自分の時間を充実して過ごして気分転換を図られている方もみえます。

同じような立場の方々で情報交換できる場があったらいいのに…という思いが私たち結のなかでも上がってきておりました。そこで、結ファミリークリニックの療養者ご家族同士で交流する会を持ちたいと今年度の目標の1つに定めておりました。

メンズ・ケアラーズカフェ今回、開催にあたりなんと12人もの男性介護者の方が参加をしてくださいました。参加にあたりケアマネジャーさんによりサービス調整をしていただくなどのご協力も得て、大勢の方の参加が実り大変嬉しく思います。

狭いクリニックの中での開催でしたので、肩を寄せ合いながら「第1回メンズケアラーズカフェ」がスタートしました。院長がこの日の為に蜂屋柿で丁寧に作った干し柿を秋の味覚としておもてなしを致しました。
メンズ・ケアラーズカフェ メンズ・ケアラーズカフェ メンズ・ケアラーズカフェ
お互いの介護状況も少し垣間見られるようにと、予めご自宅でのご夫婦の様子をお写真に撮らせていただき、自己紹介の際の背景としてプロジェクターで投影させていただきました。

自己紹介では闘病されている奥様を想い涙されたり、未だ病気や介護の必要な状況を受け止められず苦しい胸の内を涙しながらお話しくださる方もおられました。司会進行をしている私もその想いに触れ何度も何度も胸が熱くなり言葉に詰まってしまいました。
メンズ・ケアラーズカフェ メンズ・ケアラーズカフェ メンズ・ケアラーズカフェ メンズ・ケアラーズカフェ
メンズ・ケアラーズカフェ
メンズ・ケアラーズカフェ
フリートークの時間では男性同士なのでどのように話が盛り上がるのか心配をしておりましたが、「『できることは自分でやってもらう』という方針で介護をしているが皆さんのご意見を聞かせてください」「夜間の部屋の温度は何度くらい?オイルヒーターがいいのかエアコンがいいのか?」など日々奥様の療養のお世話をされている方々ならではのお話しと、どの男性介護者も奥様を大切に愛情深く関わっておられるお話しにこれまたふんわりとした温かな気持ちになりました。男性介護者の方々はまじめで、優しく、愛情に溢れているというのが終了後の1番の感想です。

メンズ・ケアラーズカフェ帰りには先日の訪問看護サミットに参加した際の企業展で取り寄せた化粧品サンプルや抗菌作用のある石鹸サンプルセット、そして一政看護師が男性介護者の健康維持の事を考慮して作成した「栄養・食事」についてリーフレットとサンクスカード、そしてお土産メインはなんと犬山中央病院前に店舗があります「たまご家」さんがこのメンズケアラーズカフェの趣旨にご理解の上、協賛してくださり無償にて「おかず弁当」を夕飯のおかずにお持ち帰りしていただくことができました。(たまご家のオーナー高橋様、ご協賛いただき誠にありがとうございました。)

メンズ・ケアラーズカフェ
メンズ・ケアラーズカフェ
当日は2名のケアマネジャーさんにも参加や当院非常勤の田所医師の参加などもあり大変賑やかなメンズ・ケアラーズカフェとなりました。それぞれでメールや連絡先なども交換されておられましたので、是非この交流を今後も続けていただき男性介護者さん同士の情報交換や息抜きの場として続けていけたらと思います。

次回は才能も経験も豊富な男性介護者の方々に、主体的に企画に参加していただきたいと思っています。(※カフェの前後でアンケートを行いました。アンケートにつきましては後日改めてご報告させていただきます。)
看護師 須田
>> 日記バックナンバーはこちら
犬山市周辺の訪問診療へのお問い合わせ
ゆいまる日記
求人のご案内です