愛知県犬山市の訪問診療は結ファミリークリニック
私たちはいつまでも安心して生活できる社会を目指しています。いかなる疾患を抱えても、いかなる状態になっても、在宅医療を通じて「平穏な暮らし」を続けられるよう皆さまの生活環境をサポートして参ります。

体力の低下や全身衰弱により自宅生活が大変になってきたけれど、「いつまでも住み馴れた場所で暮らしていたい」とお考えでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。
結ファミリークリニックのできること

医療法人化にあたってのご挨拶
映画「ケアニン」上映&ミニトーク・ライブショー
患者さまと共に
2018年1月5日
「結楽会〜ゆらのかい〜開催御礼」
12月8日師走の寒い中、「第1回結楽会」を当院北隣にある喫茶ラペで無事開催することができました。結楽会では当院で平成28年4月から平成29年10月までにお看取りさせていただいた患者様のご家族に招待状を送付させていただき、今回12家族13名の方がご参加してくださいました。

結楽会(ゆらのかい)この日を迎えるに当たって、グリーフケアについて学び、念入りに打ち合わせ、どんな開催方法が良いか模索してきました。結楽会が「心が解放できる場」「悲しみをふんわりと温かく包み込みこむような場」「心の整理をそれとなく促すような場」でありたいと思い、内容・演出をスタッフの知恵を絞りこの日を迎えました。

結楽会(ゆらのかい)久しぶりにお会いするご遺族の方々との再会は本当にうれしいものでした。顔を見ただけで、笑みがあふれ、手を握り、抱きついてしまうほど、愛おしい気持ちになりました。それは、共に闘った日々の思い出があるからでしょう。

結楽会(ゆらのかい)ご遺族の方それぞれの自己紹介がはじまり、その胸の内を語ってくださいましたが、「人として看てもらえてうれしかった」「在宅医療がもっと広まればいい」「いつでも対応しますという言葉で安心して看ることができました」など、数えきれないほどの素敵な言葉を頂きました。

結楽会(ゆらのかい)そして、シフォンケーキがサーブされ、甘いものを食べながら、他のご遺族の方やスタッフとの歓談の時間になりました。お看取りは様々であり、親、配偶者、子供を亡くされた方、時期もまちまちでありましたので、悲しみの過程や度合いが様々であり、スタッフの心配りが不十分な点もあったかと存じますが、少し心が軽くなってでいただけたでしょうか。

結楽会(ゆらのかい)ゲストにギター、笛を演奏しながら歌って下さる二股洋志さんをお迎えし、「糸」・「日々」・「ふるさと」演奏していただきました。心に染みる音楽に涙を流す方、手をたたく方、一緒に口ずさまれる方…思い思いに故人との思い出がフラッシュバックされたのではないでしょうか。

結楽会(ゆらのかい)今回第1回の試みとして、結楽会を開催させていただきました。何よりも私たちスタッフの癒しの場となり、開院から訪問診療を手探りでやって参りましたが、ひとつひとつ真摯に取り組んできたことへ温かいお言葉をいくつも頂戴いたしましたことを感謝しております。

結楽会(ゆらのかい)今後も質の向上と、訪問診療が地域に広がっていくよう、わたしたちも努力して参りたいと思います。そして、アンケート結果をもとに、スタッフ一同、結楽会の継続を決意致しましたので、今後ともご支援、ご協力よろしくお願いいたします。
看護師 水野
>> 日記バックナンバーはこちら
更新履歴
2018/01/16
患者さまやご家族さまの声を追加しました。
2018/01/05
ゆいまる日記を更新しました。
2018/01/01
ゆいまる日記を更新しました。
2017/12/26
ゆいまる日記を更新しました。
>> 今までの更新履歴はこちら
犬山市周辺の訪問診療へのお問い合わせ
ゆいまる日記
求人のご案内です